MENU

乾燥肌に効く!子どもの肌にも使える優しいオールインワンジェルはどれ?

多くの女性を悩ませる乾燥肌は、単純に肌がカサつくだけじゃなくシミ・シワ・たるみの原因になり急速に老化が進行する原因になってしまいます。特に空気の乾燥する冬場では、女性の約9割(87.3%)が乾燥肌の悩みを抱えるとの驚くべきデータも出ています。

 

この多くの女性を悩ませる乾燥肌には、オールインワンのジェルがもっとも効果的だとご存知でしょうか?

 

このページでは、肌の老化を急速に加速させて乾燥肌にオールインワンタイプがなぜおすすめなのか?その理由や人気のオールインワンジェルをご紹介します!

 

乾燥肌にお悩みの女性必見の内容です!

乾燥肌にオールインワンタイプのジェルがおすすめの理由とは?

乾燥肌は、文字通り肌の表面や内部の水分量が減少し肌が潤いがなくなる肌悩みのことを言います。肌に含まれる潤い成分や水分量が減少することによって、肌のかさつきやシワ、肌の粉吹きなど様々な肌悩みがあらわれるようになります。

 

さらに、外見上の問題だけではなく外部刺激に極端に弱い「低バリア肌」へと変化してしまうことでより大きな肌トラブルへと発展してしまいます。私達の肌は、セラミドや天然保湿因子(NMF)などの天然のバリア機能のおかげで皮膚を正常な状態で保つことでできてきます

 

肌の乾燥とは、まさにこのバリア成分が蒸発してしまうためにおこるので肌の根源を揺るがす深刻な肌トラブルです。

 

低バリア肌になってしまった肌は、ほんの少しの刺激や影響を受けるだけで炎症を起こしてしまうほど、肌が衰弱しています。この無防備で衰弱した肌に対しては、毎日のスキンケアですら大きな刺激となってしまいます。

 

通常のライン使いで化粧やスキンケアをおこなった場合、肌に直接触れる回数が1ヶ月に約4,800回だと言われています。化粧水から乳液、クリームまで多くの役割を持ったオールインワンタイプのジェルであればこの回数をわずか120回まで減少させることができます。

 

さらに健康的な肌に比べ乾燥肌や低バリア肌は成分の浸透率も低いことが分かっています。この状態の肌に対して複数のタイプのジェルを重ねていくと1つのジェルの持つポテンシャルを活かし切る前(浸透し切る前)に次のジェルを重ねてしまい効果が相殺されてしまうリスクもあります。

 

これに対してオールインワンタイプのジェルは、商品が設計される段階ですべての機能が効果的に働くよう何度も試験が重ねられた上で販売されています。その結果、肌に触れる回数を下げたうえで複数のジェルのメリットを効果的に利用できるといった乾燥肌にとって最上のメリットを得ることができます。

乾燥肌でのオールインワンジェルの選び方とは?

オールインワンタイプのジェルといっても今では、数え切れないほどのメーカーから数え切れないくらいのオールインワンジェルが発売されていますのでどれを選べばよいか分からなくなってしまいます。
ですので、乾燥肌の悩みに特化したオールインワンジェルの選び方をまとめてみました!注目するべきポイントは以下の4つのポイントです。

 

ポイント1:ゲルタイプ
ポイント2:高保湿成分配合
ポイント3:高浸透成分配合
ポイント4:低刺激設計

 

1つずつ説明していきます。

 

◆ゲルタイプ

 

乾燥肌になってしまう女性には、乾燥肌になってしまうだけの理由があるため現状の肌状態になっています。もともとの肌質や生活環境、生活習慣など様々な要素の組み合わせによって症状があらわれています。
そのため、リキッドタイプのオールインワン商品を使っても、それ単体では蒸発してしまい効果が表れづらい傾向があります。この場合、オールインワンに変えたことによって肌の乾燥が進行してしまう可能性があります。

 

ですので、水分と油分のを適度に含み蒸発しづらい特性を持つゲルタイプのオールインワンジェルを選ぶようにしましょう。
◆高保湿成分配合

 

乾燥肌の改善には高保湿成分の存在がかかせません。肌の表層や内部に潤いを与え、閉じ込めることで肌が健康を取り戻していきます。
高保湿成分の代表がセラミドです。セラミドには多くの種類がありますが、セラミド1と表記される成分には肌のバリア機能を強化する効果があるためセラミド1の配合は確認しておきたいポイントです。
さらにヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿力や保水力に定評のある成分が充実している商品を優先的に選びましょう。
◆高浸透成分配合

 

今ではかなり普及した情報ですが、一般的なジェルに含まれたヒアルロン酸やコラーゲンは、分子のサイズが大きく通常の状態では肌へ浸透させることが難しい成分と言われています。
そのため、肌への浸透率を高めるための成分加工が施された商品を利用することでより効果的な乾燥肌ケアを行うことができます。

 

スーパーヒアルロン酸やナノ化、ナノ型ヒアルロン酸、スーパーコラーゲンと表記された成分は、浸透率が通常の成分に比べ飛躍的に高くなっています。
せっかくの成分も肌に届ければ意味がないので。高浸透成分の配合も確かめるようにしましょう。
◆低刺激設計

 

商品選びの大前提ともいえる大切な要素です。肌への刺激に弱い乾燥肌の場合、下記の刺激成分の配合には注意する必要があります。

 

・合成界面活性剤(ラウレス硫酸Na・ステアリン酸グリセリル etc...)
・合成ポリマー(シリコーン・ポリエチレンetc...)
・タール系色素(青色○○号etc...)
・パラベン(メチルパラベンetc...)
・エタノール(エタノール・無水エタノールetc...)
・香料
店頭で購入する場合は、パッケージ裏の成分表を、webサイトで購入する場合は成分が確認できるwebサイトで購入を検討するようにしましょう。

乾燥肌の基本ケアはオールインワンで決まり!

乾燥肌の悩みを持つ方には、オールインワンタイプが絶対におすすめだと断言出来ます。
オールインワンジェルをつかたことがなく、オールインワンジェルで本当に効果があるのか不安という方もいるかと思います。ですが、今までのコスメを使っていて乾燥肌になっているとの現状を思い返して見て下さい。

 

肌の状態は季節によって、習慣によってどんどんと変化していきます。乾燥肌が現状であればオールインワンタイプの一択です。もし物足りなさを感じるのであれば、最低限のジェルを加えても問題はありませんので、あなたの悩みに沿ったオールインワン選びを是非楽しんでみてください!