MENU

いま人気の保湿クリームをランキング!乾燥肌さんの口コミで評判なのはこれ!

口コミで人気の保湿クリームをランキング形式で紹介しています。皆さんにみてほしいのは保湿クリームが「自分の肌の状態に合った最適なものかどうか」当サイトで紹介している保湿クリームは口コミ人気や効果を厳選していますが、管理人の願いは訪問してくれた方が自分の肌に合った保湿クリームを見つけてくれることです。保湿クリームの値段や、クリームが肌に合っているかを吟味して、保湿クリームを選んでいただけたら幸いです。
−目次−
TOPおすすめ保湿クリーム口コミランキング
1-1肌に合った保湿クリームを選ぶ
1-2肌トラブルに合ったクリームを選ぶ

 

おすすめ保湿クリーム口コミランキング

エファージュ

 

 

トライアルセット1300円

 

>公式HPはこちら<

 

年齢肌専用化粧品

年齢肌のトラブルをすべて解決してくれる化粧品です。洗顔からクリームまで全ての商品に酵母の力が凝縮されていて、どの化粧品を使った直後もしっとりもっちりした肌の状態になります。もちろんアンチエイジングのために活用するのも効果大です。30代から使用している方も多くいます。

単体で使っても高い保湿効果

ライン使いすることで高い効果を得られるエファージュですが、化粧水や美容液、保湿クリームを単体で使っても十分な効果を発揮します。トライアルセットで試して気に入った化粧品だけを使っている方も多くいます。

冬場の美白ケアもばっちり

年齢肌のトラブル解決だけでなく、美白などの冬場のケアもばっちりと出来るのがエファージュの魅力の1つです。肌の調子を整えることと、蓄積したダメージの回復、美白まで出来るので、若い方にもおすすめの化粧品です。

ここがポイント

年齢肌化粧品といったら酵母化粧品のサントリーエファージュです。酵母の力が肌本来の力を発揮させてくれ、しっとりもちもちの肌本来の状態を取り戻します。特徴的なのは化粧品全てに酵母エキスを配合している点。全ての化粧品を順番に使うことでそれぞれの化粧品の効果が高まります。洗顔を使っただけでもわかるエファージュの保湿力は驚きを隠せません。
※こっくりめの保湿化粧品が好きな方には特におすすめの保湿化粧品です。

 

 

 

 

メディプラスゲル

 

 

1本2996円

 

>公式HPはこちら<

 

高濃度セラミドが主原料だから保湿に強い!

肌機能を正常に働かせるために必須のセラミドが主原料。乾燥肌や敏感肌の原因に多いのが肌のセラミドの減少です。メディプラスゲルならしっかりとセラミドの補給をしてくれます。

1本4役で財布にも優しい!ポンプ式で使い勝手も良い

毎日のスキンケアをすべてこの1本で済ますことが出来ます。アレルギーテストもしっかり行っており、低刺激のオールインワンゲルです。使用後の肌のもっちり加減が違います。

満足できなくても・・・30日間の返金保証付き

1本で2か月分ですが、安心の30日間返金保証つきです。返金保証は効果に自信がある表れです。

ここがポイント

保湿クリームの定番と言えば、これ一本でOKのオールインワンクリーム「メディプラスゲル」です。メディプラスゲルは、高濃度セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなど、保湿に強い成分がメイン。全部で62種類の美容成分全部入りの保湿クリームです。

 

 

 

 

ディセンシア アヤナス

 

 

お試し1480円

 

>公式HPはこちら<

美容誌掲載多数!ベストコスメ大賞受賞の保湿クリーム
敏感肌でも安心して使えるから、乾燥肌でもヒリヒリしづらい
浸透力が違う!高浸透型セラミドが肌にすっとなじみます
ここがポイント

ディセンシア アヤナスは、ポーラとオルビスが共同で開発したコスメブランドです。敏感肌でも安心して使えることを重視して作られており、乾燥でダメージを負った肌にも安心して使えます。カサカサ肌の人にぜひ試してもらいたい保湿クリームです。

 

 

 

 

アスタリフト

 

 

 

>公式HPはこちら<

フジフイルムの定番保湿クリーム
とにかく浸透力がすごい!ハリとうるおいを実感
3種のコラーゲン・ヒト型セラミドを配合
ここがポイント

フジフイルムのアスタリフトといえば、保湿化粧品の定番アイテム。「肌が食べるゼリー」はあまりにも有名。カメラのフィルム製造で培った独自技術を使い、配合成分をナノサイズ化。だから肌にすっとなじみ、使い心地抜群です。

 

 

 

 

肌に合った保湿クリームを選ぶ

保湿クリームといってもその種類にはさまざまなものがありますよね。では自分の肌に合った保湿クリームはどのようにして選んだらよいのでしょうか?

肌トラブルに合ったクリームを選ぶ

保湿クリームはただ闇雲に値段の高いものを使えばよいというものではありません。肌の状況に合わせて保湿クリームを選ばないと、肌の状況がもっと悪くなってしまう場合があります。
まず確かめてもらいたいことはあなたの肌トラブルの原因がどこから来るものなのかです。自分の肌トラブルの原因を確かめてから自分に合った化粧品を探してみましょう。自分に合った化粧品を使うことであなたの肌トラブルは改善されるはずです。

年齢肌から来る肌トラブル

年齢肌になると肌機能が低下します。肌機能とは主に、肌の水分保持力や肌のバリア機能(外部刺激や内部刺激からの抵抗力)、肌の再生機能のことをさします。年齢肌が原因の肌トラブルは、加齢と共に肌の土台であるコラーゲンやヒアルロン酸が減少して肌機能の低下を引き起こされます。コラーゲンやヒアルロン酸などの真皮の成分は化粧品で補うことが出来ないので、しっかりと水分を肌の上皮に留めてあげる「保湿」で肌機能の回復を図らなければいけません。そうなると必要になるのは上質な保湿成分です。もちろん年齢肌の方は肌が敏感になっているので、保湿クリームは何でもいいというわけではありません。弱っている肌にも刺激を与えない保湿クリームを選んでください。

おすすめ保湿クリームサントリーエファージュ
           メディプラスゲル

スキンケアのし過ぎから来る肌トラブル

洗顔や化粧水、美容液や保湿クリームなど肌のお手入れをする為に何度も肌に化粧品を塗り込んだりする方も多いと思います。ですが、肌に良いと思っているそのスキンケアって実は肌にダメージを与えているってご存知でしたか?確かに化粧水や美容液などは肌に良い効果を出す為の成分をたっぷりと含んでいます。そんなスキンケアのし過ぎで起こるトラブルはもともと肌の持っている力を減少させることと、何度も触ることで肌に刺激を与えてしまってダメージを与えてしまうことです。肌にはもともと肌の機能を整えて肌状態を正常保つ力があります。過度なスキンケアを行っているとその力が衰えてしまい、正常な肌の状態を保つことが難しくなります。その結果化粧品をつけていないときに乾燥肌や敏感肌、ニキビや吹き出物、毛穴のたるみなどの悩みを抱えてしまうんです。また、これらの問題を加速させてしまうのがスキンケアの為に肌に触りすぎることです。弱っている肌に何度も刺激を与えてしまうことで肌の調子がどんどん悪化してしまうんです。この場合のスキンケアは多機能な保湿クリームを選び、スキンケアの頻度を低くして肌を休ませてあげる必要があります。

おすすめ保湿クリームメディプラスゲル

環境の要因から来る肌トラブル

ストレス等の精神的な要因が肌トラブルの原因だった場合は、その精神的な要因を取り除いてあげないとスキンケアで治してあげることは難しいです。ですが、肌機能の手助けという点ではスキンケアを行うことは無駄にはなりません。
環境要因の中でも季節が要因だった場合はスキンケアでカバーすることが出来ます。季節要因が原因の肌トラブルのほとんどは皆さんも感じているように冬場の乾燥です。肌機能が正常に働いている方でも冬場の空気の乾燥で肌の水分が少なくなり肌のカサつきを感じる場合があります。冬場の乾燥時には肌に刺激の少ない高品質な保湿クリームでケアをしてあげるのが肌に負担をかけないですむケアだといえます。
また、冬場には夏にダメージを蓄積してしまった肌の状態を回復させてあげる必要もあります。ダメージを残しておくと今後シミやそばかす、たるみやシワの原因にもなるので、肌の回復と美白ケアも忘れずに行いましょう。

おすすめ保湿クリームサントリーエファージュ
           ディセンシアアヤナス

体質から来る肌トラブル

アトピーや敏感肌体質の方は化粧品を選ぶのにも一苦労ですよね。これらの体質の方に重要になるスキンケアは低刺激の保湿クリームです。双方とも肌の水分を保つことが難しい為に乾燥やバリア機能の低下を引き起こしているので、求めるべきクリームはアトピーや敏感肌でも使える低刺激の高品質保湿クリームになります。

おすすめ保湿クリームディセンシアアヤナス

 

気になる目元のケアには目元美容液を

目元の集中スポットケアや目元のしわやたるみが気になる方は、こちらも参考にしてみてください!
目元美容液の瓦版

みんなの乾燥肌対策【口コミまとめ】

 

オイリー肌には水分補給 乾燥肌対策

30代前半。肌質は混合肌です。 Tゾーンはオイリーです。 前は知らなくて油とり紙で必死にとっていましたが、 油のとりすぎでより油を肌が作ろうとするという事を知ってから、 たっぷり肌に水分補給する事を心がけています。 基本はメイクをしたらなにがなんでもその日のうちに落とす事。 どんなに忙しくても眠くてもかかしません。 落とし方も優しく落とすようにしています。 ごしごしこすらないのはもちろんですが、 メイク落としもいいものを使っています。 化粧水は安いものをばしゃばしゃ使います。 メイクや汚れをしっかり優しく落としていれば 化粧水の入り方も全然違います。 水分が満ち足りた肌であれば油も過剰に作られず、 乾燥もしません。 あと、冬場は加湿器も忘れません。 暖房はかなり乾燥するのでお肌の敵です。

朝の保湿対策のつよ〜い味方

超乾燥肌のわたしが最近、使っているのは「リジュビネイト パーフェクトジェルプラス」です。オールインワンジェルなのですが、わたしが今まで使ってきたオールイワンタイプのスキンケア商品の中で一番保湿力が高かったです!! カタツムリの粘液成分が配合されているため、肌がもちもちぷるぷるになれるのもパーフェクトジェルプラスの魅力です。 朝って忙しくて、化粧水やら美容液やらクリームやら丁寧にスキンケアしている時間なんてないんですよね・・・。でも、ちゃんと保湿しないと乾燥肌だから肌がかさかさになっちゃうのでかなり困っていたんです。 でも、パーフェクトジェルプラスを使えばひと塗りで肌がしっとり潤うし、メイクをしてもそのうるおい感がしっかりキープされていました。 保湿力の高さが抜群のオールインワンジェルなので、乾燥肌の方におすすめですよ。

冬は乾燥肌の大敵〜カサカサ〜

私のお肌は自分が思っている以上に乾燥しているみたいです。 フェイシャルエステに行って最初に肌の拡大像をみせてもうのですが、ピキピキと線が入って「乾燥してますね〜」といつも言われていました。 エステはもちろん乾燥対策の保湿パックなどをしてもらいます。 やった直後はプルプル潤ってますが、次の以降また乾燥してる状態です。 家でのお手入れも大事なんでしょうね。 エステの人に、化粧水たっぷりいれてあげるようにいわれたので、肌にしっかり入るように手にピタピタとくっつくまでやります。 あとは、ヒアルロン酸のジェルを使っているのですが、これが非常にいいです。 セラミドが保てられるみたいです。 乾燥はシワを作る原因にもなるので保湿はかかせません。 暖房がきついこの時期は特に保湿クリームを塗って乾燥を防ぐように頑張りたいですね。

フランキンセンスのクリームが最高です

最近ニールズヤードのお気に入りのボディークリームをお試しで塗ってもらいました。 いくつか種類があって、その中でも、フランキンセンスのボディークリームが最高なのです。 商品は好きで品質はいいのですが、とても高いので、その時は買うのをやめましたが、帰ってからも、すごくふんわりしていて、香りもいいしやっぱり欲しいと思って買いました。 以前から知っていたので、よく買って使ってはいたのですが、たっぷり入って、結構値段が高いので、ずいぶんと買ってなかったのです。 経済的に使っていれば、半年くらいは持ちそうな大きな丸い入れ物に入ってるのですが、8000円以上するので、ボディークリームにその値段はと思いましたが、やはり使うと、本当にすべすべだし、何よりものすごく香りがいいので、塗ってる間も肌と精神的にも癒されるのです。 肌の乾燥のイライラや色んなイライラから開放される感じがします。 バターのような濃厚なクリームなので、伸びが良くて、ほんの少量でも充分体全体に塗れます。 そして、塗った次の日は滑々肌で、香りも結構するので、本当に心も癒されて、とても気分がいいです。 ボディークリームではあるのですが、結構顔に少量塗ってる人も多いので、私もつけてます。 それが、顔にもすごくよくて、フランキンセンスが保湿効果が高いからだと思うのですが、とってもしっとりさらさらです。 一度使うと手放せなくなるクリームです。

コラム:保湿クリームの口コミやランキングって信頼できる?

当サイトでは、保湿クリームの口コミやランキングをまとめて紹介していますが、特に口コミに関しては、お肌の個人差もあり、参考になる人とならない人が別れると思います。ランキングについても、私が使ってみたもので、ただ保湿するだけではなくてそれ以外の付加価値を加味してランキング付けしていたりしますので、結局のところ最後は、自分で使ってみてどうだったかと言うのが一番大切な気がします。公式HPを見てみて、へ〜こんな化粧品があるんだ〜と知ってもらえるだけでも良いかなと思います。

 

乾燥は保湿で改善できる!効果的な保湿成分とは

 

年齢とともになんだか肌が乾燥しやすくなった、肌質が変わったなどと感じることはありませんか?
若い頃は脂性肌で悩んでいたのに今は乾燥肌で困っている方!
特に更年期は急に乾燥やシミ、シワなどの肌トラブルが出てくる時期です。

 

これは女性ホルモンの分泌量が急激に減る時期と関係があります。
では、加齢とともに肌はどのような状態になっているのでしょうか?
加齢に伴う肌の状態を知り、自分の年齢に合った化粧品を選ぶことで、肌の中からの改善が期待できます。

加齢にともなって乾燥肌になるワケ

私たちの体内には100種類以上のホルモンがあると言われていて、その中でも美容と関係があるホルモンが「女性ホルモン」です。女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類のホルモンがあります。

 

私たちの皮膚は、外側から「表皮・真皮・皮下組織」の3つの層から成っています。

エストロゲン

表皮の中でも一番外側にある角質層の水分を保持し潤いを保つ働きと、真皮にあるコラーゲンの合成を促進して肌のハリを保ちシワやタルミを予防する働きがあります。

 

プロゲステロン

皮脂の分泌を促進する働きがあります。

 

女性ホルモンの分泌量は20代後半位でピークに達し
≪35歳位から減りはじめ45歳位で急激に減少し、その後も減少し続けます≫

 

女性ホルモンの分泌が減ると角質層の水分量が低下し、真皮のコラーゲンの合成量が減ります。
私たちの肌には外部刺激から守るために適度な皮脂が必要ですが、その皮脂量も減ります。
その結果、乾燥やシミ・シワ・たるみなどの肌トラブルが増えるわけです。

コラーゲン配合の化粧品は有効か?

コラーゲンの減少にはコラーゲン配合の化粧品で補ってあげないと!と思いますよね。
私たちの周りにはコラーゲン配合の化粧品が数多く出回っています。
しかしながら、これらほとんどの商品は真皮はおろか表皮(角質層)にも浸透しないのです…

 

コラーゲンは分子のサイズが大きくて角質層を通ることができないので、一般的なコラーゲン配合の化粧品は肌表面の保湿効果しかないのです。
無意味な成分のようにも聞こえますがコラーゲンは肌表面の潤いを保つ効果があり、肌内部の水分蒸発を防いでくれます。最近はコラーゲンの分子量を小さくした「低分子コラーゲン配合」の化粧品が出てきましたので、これなら角質層への浸透が期待できるかもしれません。
全ての化粧品に言えることですが…真皮へ浸透するのは医薬品の役割になるので、化粧品の成分が浸透するのは角質層までと考えてください。

保湿機能が高いのは「セラミド」

それではどのようにして肌の乾燥を防げばよいのでしょうか?
角質層には細胞間脂質という保湿物質があるのですが、角質層全体における水分保持能力の80%を占めています。
なので「角質層の保湿効果を高めることで、表皮(角質層)の下にある真皮のコラーゲンやヒアルロン酸の蒸発を防ぐことができます」

 

特に細胞間脂質の中でも約50%を占めているのが【セラミド】という成分です。
セラミドは水分を強力に挟み込んで持続的に保つ力がある非常に保湿機能の高い成分なのです。

 

加齢とともに角質層の水分量が低下するとお話しましたが、やはりセラミドの量も減っていきます。50代では20代の約半分になると言われています。
なので角質層に充分に浸透する可能性がある【セラミド入りの化粧品】を使って外から補うようにしましょう。
さらに最近では肌に吸収されやすいように分子のサイズをナノ化したセラミド配合化粧品も出てきていますので、より効果が期待できますね。

 

化粧品の成分として配合されているセラミドは原料によって「天然セラミド」「合成セラミド」「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」の4種類があります。
ヒト型セラミドは私たちの体内にあるセラミドと構造がほぼ同じで、安全だと言われています。ナノ化されたヒト型セラミドを配合した化粧品もあり、これは肌への浸透力が高いです。

 

私たちの皮膚にあるセラミドにはセラミド1、セラミド2、セラミド3…などのいくつかの種類があります。
角質層にあるセラミドではセラミド1、セラミド2、セラミド3が重要だと言われています。

セラミド1

バリア機能をサポートする働き

セラミド2

保湿効果をサポートする働き

セラミド3

保湿機能をサポートし、シワを軽減する働き

セラミド配合の化粧品を選ぶ際は、セラミドの原料と種類の表示をチェックするようにしましょう!

目的は一つに絞る

化粧品を選ぶ際は、美白やシミ等にも効果がある化粧品を選びたくなりますが、乾燥肌の場合は肌のバリア機能が低下しているため人によっては化粧品の成分により刺激を感じることもあります。

 

まずは乾燥肌を改善することが先決です。
スキンケアで高い保湿効果が期待できるセラミド配合の化粧品を取り入れるようにして、肌の状態を整えることから始めましょう。
続けることで肌内部が潤うようになり、他の肌トラブルの予防につながります。

あなたの乾燥肌の原因はどれ?乾燥肌を作り出す原因と改善方法

 

きちんと保湿ケアをしているにもかかわらず肌が乾燥してしまうという方は多いのではないでしょうか?
では、乾燥肌の原因は何だと思いますか?
多くの方は「保湿不足」だと予想されたのではないでしょうか。
しかし実際は≪洗いすぎや擦りすぎなど間違ったスキンケア≫が乾燥肌の原因で意外と多いのです。

 

そこで今回は、正しいケアの仕方と、乾燥肌におすすめの長時間保湿できる化粧品の選び方をご紹介します。

乾燥肌の意外な原因

 間違ったスキンケア

洗顔の際、つい力を入れ過ぎてしまったり、ゴシゴシ洗ったりしていませんか?
意外かもしれませんが、この「洗いすぎ」や「擦りすぎ」が乾燥肌の原因となっているケースが多いのです。

 

皮膚は、表面から「表皮・真皮・皮下組織」の3つの層に分かれていて、表皮は更に4つの層に分かれています。
その表皮で一番外側にあるのが角質層です。角質層はわずか0.02mmしかないですが、潤いを蓄え外部からの刺激を守るとても大事な役割を担っています。

 

洗いすぎや擦りすぎは角質層を傷つけたり、肌に必要な皮脂を落としてしまいます。
皮脂は落とした方が良いのではないかと思う方もいるかもしれませんが、汗と皮脂は皮脂膜となって角質層の水分蒸発を防ぎ、雑菌などの外部刺激から守ってくれるので適度な皮脂は必要なのです。

 

たっぷりの泡を使って優しく洗い、皮脂を落としすぎないようぬるま湯で流すようにしてください。
皮脂が普段から少ない人は、朝の洗顔はぬるま湯のみでも良いかもしれません。

生活習慣

きちんと睡眠時間は確保できていますか?質の良い睡眠をとっていますか?
またバランスの良い食事をとっていますか?
睡眠不足やバランスの悪い食事、栄養不足も乾燥肌の原因になります。

 

私たちの肌は、寝ている時に肌のターンオーバーが起きることが知られています。
寝ている時に成長ホルモンが分泌され、その成長ホルモンは肌のターンオーバーを促進させます。
睡眠不足は成長ホルモンの分泌量が減るため、ターンオーバーが乱れがちになり肌トラブルが起きるのです。

 

また食生活も肌と密接な関係があります。近年は、ダイエットや偏食、お酒やタバコにより乾燥肌になる人が増えています。食事で十分な栄養素を摂ることを心がけ、食事からの摂取が難しい場合はサプリメントを上手く利用してください。

乾燥肌の保湿ケア

洗顔後はしっかりと保湿するようにしましょう。
そして保湿化粧品に含まれている成分のうち、高い保湿効果が期待できるのがセラミドです。

 

先ほど、皮膚の一番表面にある角質層には潤いを保持する役目があるとお話しました。
角質層は3つの物質によって成り立っていて、それぞれの水分保持力は

細胞間脂質が80%
天然保湿因子(NMF)が18%
皮脂膜が2%

です。セラミドは私たちの肌にもともとある成分で、細胞間脂質の中でも約50%を占めています。

 

セラミド入りの化粧品を選ぶ際、セラミドは水溶性ではないので化粧水から取り入れるのではなく、美容液や乳液、クリームなどの油分が含まれた物から取り入れるようにしましょう。

セラミドにはいくつかの種類があり、その中で最も保湿力が高いのがヒト型セラミドです。
化粧品の表示成分としてはセラミド1、セラミド2、セラミド3…といったように後ろに番号が付いています。
特に重要な成分はセラミド1、セラミド2、セラミド3です。

 

また、セラミドの含有量にも注意して選ぶようにしましょう。セラミドは比較的高価な原料のため、価格が安いセラミド化粧品にはセラミドの含有量が少ないことがあります。使用していても効果を感じない場合は、濃度の高いセラミド化粧品にすることで効果を期待することができます。